不用品回収との違い

女性

福岡では多数の遺品整理業者がサービスを行っています。遺品整理とは故人が残していった遺品を家族と相談しながら整理することを指します。不要となる遺品は処分をして、特殊清掃を行ったり遺品の供養もサポートしたりします。福岡の業者場遺品を整理するエキスパートといえるでしょう。不用品処分するなら不用品回収にも任せられますが2つの業者は大きく異なります。これらの業者は対応できる業務内容の範囲がそもそも違います。不用品回収業者はその名の通り不用品の回収と処理が大きな業務です。遺品整理では回収や処分だけでなく分類したり貴重品を探索したりするなどのサービスも行っています。依頼者とよく相談しそれに応じて整理を行います。特殊清掃や遺品供養はまさに遺品整理特有の業務です。業者の中にはオプションで家屋の解体やハウクリーニングも行っています。処分する品物であっても雑に扱わず、依頼者の気持ちを汲み取り丁寧に対応をしてくれます。

肉体的負担が軽減されます

ダンボール

遺品整理は四十九日法要や一周忌などで遺族が集まるときによく行われます。ただし、供養や法要などをした後に遺品整理をゆっくり行えるとは限りません。故人が残していった遺品が大量にあると大人数でもなかなか片付きません。住む場所が賃貸物件であるなら早めに済ませて退去手続きまで行う必要があります。手続きをしないと住んでいないのに家賃がかかり続けるので損です。自分たちの手だけではなかなか片付かないという方は福岡の業者に依頼するのをおすすめします。特に一軒家を整理するとなるのと荷物量が多く片付けに長時間かかります。一方でマンションやアパートだったとしても家具や家電を外に搬出しないといけません。ごみ処理施設にもっていくときは乗せるためのトラックも必要です。ただ単に不用品を探して処分するのが遺品整理ではありません。遺品整理という体力的な負担が大きい作業を任せられるのは大きいでしょう。不用品を外に搬出してくれるので遺族の肉体的な負担を大きく減らせます。

場所が分からない物も探してくれます

遺品整理

福岡の遺品整理業者の中には遺品整理士という資格をもつスタッフも在籍しています。遺品を大切に取り扱うことをモットーとしているので遺品整理で大いに頼れる存在です。大切な人との遺品や住まいを片付けることは精神的負担もかかります。どのように処分したらよいかを遺品整理士は把握しているので疑問点は遠慮なく聞きましょう。 故人が亡くなると相続などの一定の手続きを行うことになります。大事な不動産の書類や貴重品などをどこにしまっているか分からなくなるのもよくあるケースです。もし故人が認知症だとしまった場所を忘れたり片づけられずにごみ屋敷になることもあります。どこにしまったか分からない状態でも遺品整理業者は捜索してくれます。業者は遺品捜索のノウハウがあるので高い確率で貴重品を見つけられるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中